2017年7月16日日曜日

カラ池 -水中花-





以前から夏のカラ池へ行きたかった。
それも梅雨明け間近の、雨のたっぷり降った後の晴れの日。
この頃には池全体をキンポウゲが咲き誇り、その黄色の花が普段は水の無い空の池に水中花よろしく、水面に漂うという。

4年前の秋に訪れた時は雨台風の後で、見事な池の出現を見ることが出来た。

http://bakuphoto.blogspot.jp/2013/10/blog-post_29.html



山中に突如現れる神社跡?

前回は吾川スカイパークから自転車を漕ぎ、登山道からトレッキングという、中津明神山~猿越山~カラ池の荒っぽい行程だったが、今回は最短のルート。



作業小屋にしては立派な廃屋

広い大規模林道に車を停め、10時に歩き始める。
カラ池近くまでずっと造林地帯が続く。




何カ所か雑草が生い茂っている場所があり、ストックでかき分けて登っていたが、毒蛇が恐い為、湿原用に用意していた長靴に履き替える。




標高差は100m、約3キロ、50分ほどでカラ池入口へあっけなく到着。
中津明神山~猿越山経由で来ていたseiとここで合流。
最後のピークくらいまでは熊笹が刈られていたが、そこからは腰ほどの笹をかきわけ来たようだ。
炎天を遮るものがないので、きつかったようだが、復路はもっときついはず。




さて、H29.7.15のカラ池である。
水がない、そしてキンポウゲも見えない。




長靴なので湿原の中をカラ池Bからカラ池Aまで歩いてみたが、ただの草原である。




ハンカイソウ、バイケイソウ、ウツボグサ、わずかに残っていたキンポウゲ・・・。







残念ながら、カラ池の植生は変わってしまったようだ。
運良く大雨で池に水が溜まったとしても、水中花は望むべきもないだろう。




軽く食事をとり、seiと別れ40分で下山。
往復とも誰とも会わず。seiも同様だったらしい。

まだ12:30分だったので、近くの安居渓谷へ寄り道。
やはい仁淀ブルーは良い。



水晶淵



ラピュタの世界を彷彿させる砂防ダム



昇竜の滝


雷鳴の過ぎたる沢に水を汲む

らいめいのすぎたるさわにみずをくむ


2017年6月21日水曜日

四国のちょっといいとこ!




瀬戸内海の夕日 




赤橋の残照




串の鉄橋




遊子の段畑




樫谷の棚田




黒尊川ブルー




八釜の甌穴




伊尾木洞の歯朶




滑川渓谷の一枚岩


蟾蜍塞ぐ深山の切り通し

ひきがえるふさぐみやまのきりどおし



2017年5月26日金曜日

アサギマダラと姫島 Ⅱ





二年ぶりにアサギマダラを求めて姫島へ。
姫島は大分国東半島の北東部、途中に何カ所かの寄り道。




杵築は風情のある坂道の城下町。







国東半島の中心にある両子寺はかつての六郷満山文化の中心寺院。
山門に続く石段の金剛力士像に是非逢いたいと思っていた。




大神ファームは別府湾を一望する海岸線と美しい森に囲まれたハーブ園。
ローズガーデンの薔薇はちょうど見頃。













アヒルも散歩している。




オープンデッキでの食事はとても美味しい。




さて、姫島は風のない最高のアサギマダラ日和。




島の詳細は二年前のブログを。

http://bakuphoto.blogspot.jp/2015/05/blog-post_23.html




宿は今回もペンション野路菊、アットホームで食事も抜群、近くの拍子水温泉入浴券付。




前回島を細かく回ったので、宿に荷物を置いたらアサギマダラを楽しむのみ。



















1000頭の蝶の乱舞は圧巻、楽しくてしょうがない。











輿入れの狐に続く蝶千頭



2017年5月18日木曜日

2017 墓場尾根





GW開けのやっと訪れた休日、今年も石鎚山を目指す。




見る角度によって違う山に見えるのも石鎚山。




7:50に土小屋を出発、東陵ルート分岐で少し悩むが、オーソドックスなルートをとることにする。
昨年東陵を登り、急に降り出した雨に急いで来た合羽に、見事な大穴が三カ所も開いたのを思い出したから。




石鎚山頂・弥山に9:15着。
途中で5人程追い越したが、平日とはいえ誰もいない。




すぐに石鎚最高点の天狗岳に向かう。
目的地は先の南尖峰の崖の下。




そう、アケボノツツジを周りに配した墓場尾根を見る為。




墓場尾根は自然の作り上げた柱状岩塊、そこへ至るには崖を慎重に下り、そこからまた崖をよじ登る。




落ちたらアウト。




アケボノツツジは残念ながら、随分下の方にちらちらと咲いているのみだった。




とはいえ、こんな絶景を独り占め出来るのは、山男の特権である。
全身の筋肉痛というおまけは付いてくるものの・・・





金の嘴持つ老鶯か透きとおる